新卒入社 どこのCROに入社すべきか徹底解説!

どうも、はるきちです。

毎年たくさんの方が新卒入社でCRO各社に入社されていますが、CROと一括りに言っても会社数も結構多いですし、どこに入れば良いかがわかりづらいと思います。

そこで、今日は新卒入社でCRAをするのであれば、どこの会社に入社すべきか解説したいと思います。

そもそもCROって何?

臨床開発職種への就職を目指している学生さんはご存知だと思いますが、『CRO』とは『Contract Research Organization』の略で、日本では『開発業務受託機関』として訳されています。

医薬品開発においては治験の数に波があるため、製薬メーカーでは常時開発部員を社内に置いておくのではなく、必要になった場合に必要な分のリソースのみをCROにお願いしております。

そのため、製薬メーカーとCROは契約に基づく委受託業務関係にあります。

委受託関係があり、製薬メーカーがCROにお金を払っていますので、勿論製薬メーカーの方が立場が上で、ほとんどのCROは製薬メーカーの顔色を見ながら仕事をしています。

どの範囲の業務をCROに委託するかは製薬メーカーとの契約で定めており、モニタリングを委託しているケースが一番多いです。

中には統計解析やDM、薬事などを委託しているケースもあります。

以下に2019年の日本CRO協会発表の売上高と従業員の推移の画像を貼付しております。

CRO協会の売上はずっと右肩上がりで来ておりましたが、2017年以降は売上高・人数ともに横ばいになってきており、CRO協会の成長率も鈍化していくものと想定されます。

CROって製薬会社と違うの?

では、CROと製薬会社は違うのか?という点ですが、仕事内容や待遇に違いがあります。

一般的には、製薬会社の方が仕事内容のレベル感が高く、待遇が良いケースが多いです。

そのため、製薬会社のCRA職の新卒採用は倍率が数千倍になっているようで、入社難易度はかなり高いです。

現職の私の会社の新卒CRAを見ても、皆さん偏差値が高い大学を卒業しており、旧帝大の理系院卒が一般的だと思います。

最低でも東京理科大学 薬学部以上の学歴が無いと、やや厳しいと思いますね。

地方の三流私立大薬学部卒の私からしたら、東京理科大学 薬学部は大変立派ですが、それほど製薬会社に新卒でCRA職で入社するのは困難と言えます。

その一方でCROですが、製薬メーカーほどではないにしろ、CROの新卒CRAもかなり高学歴だと言えます。

前職の外資系CROでは新卒で国立大学薬学部の院卒の人もたくさんいましたし、私立大学卒業の人も偏差値が高い大学の人が多かったです。

ですので、大手CROの新卒入社も簡単ではないと言えます。

CROに入社した場合のキャリアパスは?

CROに新卒入社する人のほとんどはCRAとして入社しますが、最初は先輩CRAからいろいろ教えてもらいながら、担当施設を自分でまわしていくことになります。

独り立ちができるようになると、数年後にはメンターとなり、Lead CRAやStudy Manager/Line Managerになっていくのが一般的なキャリアパスです。

CRA経験が5年程になると、年収を上げるために転職したりする人も多く、製薬メーカーに転職して行く人も一定数います。

CROのデメリットの1つとして、キャリアパスが非常に限定されてしまう点です。

CROではOperation以外の業務をほぼ受託していないため、それ外の業務を経験することが難しい状況にあります。

製薬メーカーにはたくさんのRoleがありので、開発職ではなく、MSLなど他部署のRoleにキャリアチェンジする人もいますので、製薬メーカーの方が圧倒的に選択肢が多いです。

CROも含め製薬業界は転職が盛んな業界ですので、新卒でCROに入っても数年後に製薬メーカーに転職していくCRAもたくさんいますし、現に私もCROから製薬メーカーに転職し、今は大手外資系CROでOncology領域のStudy Managerをしております。

新卒入社の場合の会社選びの基準は?

ずばり、新卒入社の場合は、まずは教育体制がしっかりしている会社に入社すべきです。

最初にしっかりと教育されている人とそうでない人にはかなりの違いがでますので、厳しくても教育体制がしっかりしている会社に入った方が良いです。

それと同時に、今は転職することが前提の時代ですので、ゆくゆく転職することも視野に入れておく必要があります。

そのため、転職市場で評価されやすい領域(オンコロジーなど)やGlobal Studyをしっかりと受託している会社に入る必要があります。

現在の転職市場において、オンコロジー領域とGlobal Studyの経験があれば市場価値をかなり上げることができますし、製薬メーカーへの転職にもチャレンジできます。

最後に給与水準が高い会社の方が勿論ベターです。

在職中も去ることながら、転職する際にも前職の年収を基準に交渉することになりますので、次を見越してそれなりの給与水準の会社を選ぶべきです。

新卒入社 会社選びの基準!
-教育体制がしっかりしている会社
-市場価値が高い領域(オンコロジーなど)の試験を受託している会社
-Global Studyを受託している会社
-年収が高い会社

どこの会社が良いか?

では、どこの会社が良いという点ですが、私が新卒なら以下の3社のうちいずれかに入社したいと思います。

内資系CROの中で、シミックやEPSもしっかりとした教育体制がありますが、年収レンジが低いため除外しております。

外資系CROの中で圧倒的に年収が高いCovanceとSyneosですが、Covanceは新卒採用を行っていないため、掲載しておりません。

それと、Syneosは新卒採用を行っているものの、個人的には教育体制が十分ではないと考えておりますので、Syneosに入社する場合も中途入社の方が良いと思います。

【新卒で入社すべき会社】
1.Parexel
2.リニカル
3.IQVIA

Parexel

Parexel(パレクセル)は全ての条件を満たしており、新卒入社推奨度1位と言えます。

Parexelと言えば、以前は薄給で有名な会社で、給与水準の改善を求めて退職する人が後を絶たない会社でした。

しかし5年ほど前に日本での給与水準の見直しがあり、結構給与が上がりました。

今ではIQVIAよりも高給を提示する会社となり、CROの中ではかなり高給だと言えます。

リニカル

リニカルは内資系CROでは一番給与水準が高い会社です。

オンコロジー領域の試験も多く、Global Studyもしっかり受託していることより、新卒入社推奨度2位としております。

リニカルの特長としては、日本から海外の現地法人に人材を派遣している点です。

誰でも行けるわけではありませんが、内資系CROで海外に人材を派遣しているのはリニカルだけだと思いますし、社員の教育にも力を入れていることがうかがえます。

Global Studyを受託しているものの、内資系の会社であることより、ParexelやIQVIAよりは英語の使用頻度がやや低いものと想定されます。

IQVIA

教育体制もしっかりしており、Oncology領域やGlobal Studyも受託も多いため、新卒入社推奨度3位としております。

ただし、年収は近年下降傾向にあり、新卒入社の生え抜きCRAはそこまで給料は上がらないと思いますので、昇給に対する過度な期待は禁物です。

CRAとして5年程修行したのちに、製薬メーカーや他社CROに転職して行く人が多いのが現状で、IQVIAのStudy ManagerやCRAは、ここ数年でCovanceやSyneosにかなり流れております。

最後に

新卒で入社できる機会は人生で1回きりですので、悔いが無い就職活動を行って欲しいと思います。

CROに新卒で入社する人の中には、本当は製薬メーカーに行きたかったけど内定を獲得することができなかったという学生さんも多くいるのではないでしょうか。

私も以前はCROにいましたが、しっかりと目的意識をもって仕事に取り組めば製薬メーカーに転職することも可能ですし、他社CROに転職して年収を上げることも可能です。

新卒で入社した会社で全てが決まるわけではなく、寧ろ入ったその後どうするかでキャリアは大きく変わりますので、希望通りの会社に入れた人もそうでない人もそこをゴールにせず、3年後、5年後、10年後を考えて仕事に取り組みましょう!

では!

Follow me!

CRO

Posted by はるきち