CRAの年収を考えてみる(製薬メーカー・CRO)

2021年2月11日

どうも、はるきちです。

今日はCRAの年収について考えていきたいと思います。

全ての職種と比べたわけではありませんが、CRAは職種別で見た場合に製薬メーカー内では中の上くらいに当たるイメージで、MRより年収は劣ると思います。


CRAと言っても製薬メーカーとCROで年収のレンジも違いますし、また同じ製薬メーカー内でも会社によって年収が違います。

今日は製薬メーカー・CROのそれぞれの年収について考察したいと思います。

製薬メーカーのCRAの年収は?

製薬メーカーのCRAの年収を以下画像でお示ししております。

この年収は大手・中小・外資・内資を含めた数字の平均で、 Answersによる調査結果をもとに作成されています。

大手だけに限って言えばもっと年収はいいと思いますし、中小だけに限って言えばこれよりも年収は落ちると思います。

世間一般から見ると製薬メーカーは年収がいい業種にあたります。

ただ、大手製薬メーカーに限って言えば、そこまでびっくりするような額を提示する会社はあまり無く、まあまあ高給という感じだと思います。

CRAで年収が1,000万を超える会社はおそらく無く、大手製薬メーカーのSenior CRAクラスで800万前後+残業代というイメージです。

※Answersより

先日、付き合いがある転職エージェントと話しをした際に聞いたのですが、いわゆるメガファーマよりも以下に記載している中小規模の外資系製薬メーカーの方が年収は高いようです。

それ加え、バイオジェンやセルジーンやRSUの付与もあります。


ただし、以下の会社にはCRAはおりませんので、臨床開発の職種で入社するのであれば、Study Manager以上のRoleでの入社となります。

【給料が高い製薬メーカー】
・バイオジェン
・アムジェン
・ギリアド
・セルジーン
※セルジーンはBMSに買収されることが決定しておりますので、年収が下がる可能性があります。

ギリアドやセルジーンは日本に来たばかりの頃はとても年収が高かったようで、その時に勇気を振り絞って転職された方はがっぽり貰っているという話をよく聞きます。

ここ最近のギリアドやセルジーンは他メーカーと比べるとまだまだ年収が高いとは思いますが、最近は以前ほどの高給は提示していないようです。

CROのCRAの年収は?

CROのCRAの年収を以下画像に示ししております。

こちらも製薬メーカー同様、大手・中小・外資・内資を含めた数字の平均で、 Answersによる調査結果をもとに作成されています。

やはり、全体的な傾向としては製薬メーカーよりは劣ると思いますし、CROは複利厚生がほぼありません。

一方で大手製薬メーカーは複利厚生が充実しておりますので、実際は額面の金額以上の差があると思われます。

※Answersより

CROは業界内での転職者が多く、年収を上げるために転職する人がかなり多いのですが、転職していった知り合いや転職エージェントの話を総合すると、大手外資系・内資系CROの年収の序列はおおよそ以下の通りとなります。

大手CROの年収の目安
Covance = Syneos > Parexel > リニカル > IQVIA > メディサイエンスプラニング > EPS = シミック
※上記は各社のCRAの年収についての順位付けとなります。CRA以外のRoleでは順番が前後する可能性があります。

CovanceとSyneosはかなり高給で、CRAでも1,000万を狙えますので、大手製薬メーカー以上だと思われます。

一時期大量に募集していて、私が在籍していた前職のCROからもかなりの人数のCRAがCovanceとSyneosに転職して行きました。

CovanceはSenior CRAで最低年収が840万+残業代ですので、1,000万を十分狙えると思います。

イチCRA辺りにそんなに高給を提示して経営が成り立っているのか疑問が残りますが(余計なお世話ですね。失礼しましたm_ _m)、給料は結構良いみたいですね。

また、 InventiveとINCが合併してできたSyneosもCovanceと同等ぐらいの年収が出ると思われます。

それに比べて、以前は業界内でダントツ高給と評判だったクインタイルズは、ここ最近は年収もかなりダウンしているようですね。

クインタイルズ(現IQVIA)からも、かなりの数のCRAやStudy ManagerがCovanceやSyneosに転職していますので、おそらくCovance・Syneosとクインタイルズの給与水準はかなり離れていると考えられます。

まとめ

製薬メーカー・CROの年収を今日は考察してみましたが、いかがでしたでしょうか?

製薬メーカーも業界内で年収の高い会社・低い会社がありますし、CROも同様ですので、転職する際は企業リサーチをしっかりとやって欲しいと思います。

なお、業界の全体的な傾向として、製薬メーカーである程度地位を築いた後のCROへの転職は、かなり年収を積んでくれるケースがあります。

製薬メーカーへの拘りが無くなった場合は、年収を求めて高給を提示してくれるCROに転職するのも一つだと思います。

では!

リクルートエージェント

Follow me!