製薬メーカーとCROのCRA 違いを考える

2020年9月20日

どうも、はるきちです。

私は今まで、薬局→中堅内資系CRO→大手外資系CRO→大手外資系製薬メーカーというキャリアを歩んできました。

外資系CROにいた時と現職の外資系製薬メーカーではStudy Managerを担当しており、チームを纏める立場にありますので、その立場から見て、製薬メーカーとCROのCRAの違いを考察していきたいと思います。

製薬メーカーとCROの上位層では、レベルの差はない

私はCROにいた時は、「製薬メーカーの人って優秀なんだろうな」という漠然とした劣等感を持っていました。

ただ、転職して思ったことは、製薬メーカーもCROも上位層においては、レベルに差はないと思います。
どこに所属しているか?よりも、要はその人次第だと思います。
現に私もCROにいた時に、優秀だと思う人を何人も見てきました。


ですので、CRAとしてレベルを高めたいのであれば、製薬メーカーでもCROでもどちらでも問題ないと思います。

あと、製薬メーカーのCRAからCROのCRAに施設を引継ぐと、施設がぐちゃぐちゃになっていたという話を聞いたことがあると思いますが、製薬メーカーのCRAが優秀とは限らないと思います。

製薬メーカーとCROのCRAの差は何か?



製薬メーカーとCROの上位層でレベルに差はないことは既に記載しましたが、では何が違うか?ということですが、製薬メーカーとCROには小さいようで大きな差があると思います。

それは、『臨床試験を知っているか』だと思います。

抽象的な話だとわかりずらいと思いますが、CROにも勿論しっかりと仕事をする人はおりましたが、CROのCRAは全てをちゃんとやろうとしますよね。
今考えると私もそうでした。

全てをちゃんとやることは非常に大事ですが、何故全てをちゃんとやろうとするかというと、どこで手を抜いて良いかわからないからだと思います。

それに比べて製薬メーカーのCRAは結構手抜いてます。
CROのCRAの方がしっかりやっているかもしれません。

ただ、製薬メーカーのCRAはサボっているわけではなく、手の抜きどころがわかっているのです。
ですので、表現を変えると『要領が良い』という言えると思います。

製薬メーカーとCROのCRAの平均値はどうか?

上位層は製薬メーカーもCROも変わりないことはお伝えしましたが、製薬メーカーとCROの平均値を比べてみると、完全に製薬メーカーのCRAの方が上だと思います。

『上』というよりは、『志が高い』と表現した方が適切かもしれません。
仕事帰りや休日を自己研鑽の時間に使ったり、英会話をやったりと皆さん向上心が強いですね。


それと、やはり一番の違いはCROの時は何か指示を出しても期限を守れない人が多数いましたが、今は期限を守れない人は基本的にはおりません。
期限が守れないことがある場合は、予め理由を報告してくれます。

CRAとしての実力というよりは、志の持ちようだと思います。
志の違いが仕事への取り組み方に差となって表れていると思います。

志が高いメンバーが多く、製薬メーカーは楽しい!



CROに以前いた身としては、志が高いメンバーが多く、製薬メーカーにいる方がやりがいを感じております。
前職のCROの時は、仕事をやらせているという雰囲気が露骨に出ている人が何人もいましたが、今はそのような人はおらず、各自自発的に取り組んでいるという感じです。

また、前職のCROと現職の製薬メーカーを比べると、英語学習に関する会社からの補助も現職の製薬メーカーの手厚いと思いますし、それを利用して英語を勉強している人はたくさんいます。

以前も別の記事で紹介しましたが、ここ最近はCRAの求人が増えているようですので、製薬メーカー行きたい人は積極的にチャレンジしてみてください。

落ちたらどうしようとかグジグジ考えている人がいるかもしれませんが、正直なところ、落ちても人生何も変わりませんよ。

私は8年間転職活動をしておりましたが、面接に落ちて人生変わったことは特になかったと思います。
現職を続けたまま応募するのであれば仕事はあるし、落ちたところで何も失うものはありません。

本当は製薬メーカーに行きたいという人は多いと思います。
転職活動をするにも何かのきっかけが必要だと思いますので、もしこの記事を目にした方がいましたら、いますぐ行動しましょう!
製薬メーカーでは、CROではできない良い経験ができると思います。

では!

リクルートエージェント

Follow me!