CRAは今や英語必須の職種!継続は力なり。

2020年8月12日

どうも、はるきちです。

臨床開発の現場では英語が必須となっており、英語でのメールのやり取り、EDC、SOP、モニタリング報告書など、英語は日々の業務から切り離すことができない存在となっておりますが、皆さん英語を勉強していますか?

やろうやろうと思いながら、中々重い腰を上げられない人もいると思いますが、英語は早いうちからやっておいた方がいいですし、臨床開発の世界にいる以上、逃げることはできません。

私はOncology領域のStudy Managerを担当しておりますので、定期的に海外の担当者と会議でdiscussionをしており、日々英語には(自分なりに)前向きに取り組んでいるつもりです。

英語の成果は、勉強量と勉強方法に依存すると思いますので、勉強方法には拘りましたし、何がベストか今まで試行錯誤を繰り返していました。

そんな中で、今現時点でベストだと思われる英語の勉強方法に辿り着きましたので、今日は英語の勉強方法について書いて行きたいと思います。

私もまだまだ勉強の過程ですが、以下をコツコツ毎日実行できればかなりの英語力が付くと思いますので、我慢強く英語を勉強していきましょう!

シャドーイング

シャドーイングという勉強方法は、耳で英語を聞きながら、音声から1秒遅れでそのフレーズを口から出すトレーニングです。
シャドーイングの目的は、Listening力及びSpeaking力の向上にあります。

もともとは同時通訳の方のトレーニング方法だったようですが、通訳の方以外で英語を勉強する場合でも非常に有効で、私も日々シャドーイングを行っております。

ちなみに、シャドーイング経験者の方はご存知だと思いますが、最初は結構難しいです、、、

そのため、あまりにも難しい教材を使うと全くシャドーイングをすることができず、短期間で挫折してしまうことになりますので、自分の英語力に合った教材をチョイスすることをお勧めします。

シャドーイングは長時間集中して行うことが難しいと思いますので、1日15分~20分間集中して実施し、それを継続できればとかなり力が付くと思います。

なお、私はTOEICのListeningの教材をシャドーイングに使用しておりますが、このレベルを楽にこなせるようになった場合は、海外ドラマでのシャドーイングにもチャレンジしようと思っています。

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング



Part1(中学1年生レベル)からPart3(中学3年生レベル)まであり、3つのPartから構成されております。

この本で扱っている英語は簡単なフレーズが多く、文法としては難しいものではありませんが、瞬時に頭の中で英作文をし、瞬時に回答する力を養うトレーニングです。

メールだと難しい英文法を駆使した文章を書くことができ、読むこともできるという人は多いと思いますが、いざ話すとなると簡単なフレーズでもなかなか出てこないという方は多いと思いますので、そのような方にお勧めです。

私もこのトレーニングを実行した結果、との会議で瞬時に発言ができるようになり、英会話力が向上したことが実感できております。

Grammar in use



Grammar in useは言わずと知れた英文法勉強のBible的な存在です。

文法を勉強する参考書ではありますが、実際にネイティブがどのような使い方をするのかがわかりやすく説明してあり、その点が普通の参考書と異なります。

各レベルに応じて種類が分かれており、またイギリス英語・アメリカ英語・日本語訳がありますので、合計7種類が存在しております。

私はアメリカ英語中級編の第3版で勉強しておりますが、今は第4版が最新になっているようです。

Grammar in useにはいろいろな使い方があるようですが、参考書として使い、かつ勉強時に音読をすると効果絶大で、文法書はこれ1冊で問題ないと思います。

 イギリス英語アメリカ英語日本語訳
(アメリカ英語版
の日本語訳)
上級編
(TOEIC 700~)
   
中級編
(TOEIC 450~750)
初級編
(TOEIC ~500)

上記の表の通り7種類あり、どれを選ぶか非常に悩ましいところですが、私はアメリカ英語中級編
1択だと思います。

実際にアメリカ英語中級編を使ってみたところ非常に満足しておりますし、文法の勉強がそのまま英会話にも生きてくるイメージです。

そのため、日本語訳を使っての勉強はあまりお勧めできず、レベルを下げてでも英語版を使用して勉強した方が間違いなく良いと思います。

Online英会話

皆さんの中にも既に加入している人もいると思いますが、今はOnline英会話というものがあり、Reasonableな価格で場所を選ばずに受講することができます。

私がCRAになったばかりの頃に英会話教室に通っていたのですが、当時はOnline英会話は存在しておりませんでしたので、実際の教室に通っていました。
通学に片道1時間ほど要しておりましたし、授業料も1年半で100万円以上かかりましたので、非常に大きな買い物でした。

以下に比較的大手のOnline英会話を列挙してみました。
私はDMM英会話のプラスネイティブプランに加入しており、加入期間は1年2か月ほどになります。

このプランでは、ネイティブ又は非ネイティブの講師を選ぶことができ、1日1回25分間 英語の授業を受けることができます。

気が合う講師をお気に入りに入れることができ、何回も受講していると友達のような関係になり、気軽に受講できる点が気にいっております。

また、教材も充実しており、日々の時事問題のようなTopicや会議や電話でのマナーなど、受けたい授業を選択することができます。

[大手Online英会話]
・DMM英会話
・レアジョブ英会話
・Native Camp
・Bizmates

英語ができないと出世はできない!

外資系だけではなく、内資系製薬メーカーにも言えることですが、英語ができないと出世はできないですし、英語ができないと転職にも苦労すると思います。

第2新卒ぐらいの年齢であれば英語のレベルは問われないと思いますが、30代以降は必ず英語力(特に会話力)は問われますので、日々継続することが大切です。

歯を食いしばって継続することも大事ですが、楽しみながら継続できると一番良いと思いますので、勉強の中にも楽しみを見つけながら継続できるといいですね。

では!

Follow me!

英語

Posted by はるきち