転職市場において評価が高いCRAの特徴とは

2020年9月20日

今日は転職市場における評価が高いCRAの特徴を書いていこうと思います。

・製薬メーカー→製薬メーカー
・CRO→製薬メーカー
・CRO→CRO
のいずれに当てはまると思いますので、特にCRO→製薬メーカーを狙っている方は以下を意識してみてください。

今まで長年転職活動をしてきた経験上、以下のCRAは一般的に評価が高いといえます。

・CRA経験3~5年(年齢相応の経験が必須。ただし、CRA経験が長すぎると逆にマイナスにもなりえる)
・Oncology、CNSの経験
・Global studyの経験
・大学病院、がんセンター、基幹病院の担当経験
・TOEIC 600点以上
・理系修士卒又は医歯薬獣医6年生卒
・コミュニケーション能力が高く、素直な人柄

・転職回数が少ない
・リーダーの経験がある。(年齢にもよる)
・本業のStudyだけではなく、部署横断的にTask teamやSMEとして活動して経験

今日は、上記の各項目を踏まえ、今までの転職活動を通じて、私が感じたことを書いていこうと思います。

客観的に面接官に訴えられる材料がないとダメ!

突然ですが、以下の2名のスペックを見て、どちらが内定を勝ち取れそうでしょうか?

Aさん:CRA経験3年 皮膚科領域 Local Studyでクリニックを担当
Bさん:CRA経験3年 Oncology領域 Global Studyで大学病院・がんセンターを担当

皮膚科領域に強い会社ならAさんかもしれませんし、Oncologyに強い会社ならBさんかもしれませんが、ここ数年の傾向や今のご時世を考慮すると、一般的にはBさんの圧勝と言えると思います。

では、なぜ圧勝と言えるか?ということですが、ここ数年はOncology領域の治験が圧倒的に多く、Oncology領域経験者が重宝される傾向にあります。

私は人の仕事ぶりを評価する上で、責任感が強く、しっかりと仕事ができるという点が最も重要だと思います。
しかしながら、転職の面接ではそこまではわからないですし、おそらく全員責任感が強いふりをしますよね。

となると、アピールできるポイントは、客観的に見て取れる事実ですよね。

ですので、現在の転職市場で求められている、かつ客観的にアピールできる材料を日頃から手元に貯めておく必要があります。

Oncology領域はそこまで特別なのか?

先ほどOncologyの話が少し出ましたが、ではOncologyはそこまで特別なのでしょうか(これはよくある質問ですね。)?

私個人の意見としては、Oncologyは特別ではなく、数ある領域の中の1つだと考えています。

しかしながら、転職市場で有利になることは間違いないですし、今後を見据えた上でやっておいた方がいい領域の1つであると思います。そういう意味では、現時点では「特別」な領域と言えると思います。

三流私立大学出身の私が製薬メーカーに転職できたのも、オンコロジー領域の経験があったからだと思いますし、ここ最近前職の大手外資系CROから大手製薬メーカーに数名知り合いが転職していきましたが、基本的に皆さんOncology経験者でした。

あと、Oncologyを担当することにより、Global studyの経験も積むことができます。100% Global Studyとは言い切れませんが、私が知る範囲ではGlobal Studyのケースが多いように思います。

それと、Oncologyを担当することのメリットの一つに、大学病院、がんセンター、基幹病院の担当経験も積めることが挙げられます。

他の領域ではクリニックで実施したりしますが、Oncology領域ではクリニックでは実施できませんので、必然的に大学病院、がんセンター、基幹病院の担当経験を積むことができます。

ですので、経験したい領域が無い方は、まずはOncology領域を経験した方が良いと思います。
特にCROから製薬メーカーに行きたい方は、積極的にOncology領域への異動希望を出してみてください。

とある転職エージェントから聞いたのですが、
Cさん:プライマリー領域 Local study担当の製薬メーカーCRA
Dさん:Oncology領域 Global Study担当のCROのCRA

を比較した場合、今の転職市場では一般的にDさんの方が評価が高いそうです。


日頃から職務経歴書を厚くする努力をしているか?

転職で応募する際に職務経歴書を作成し提出すると思いますが、日頃から職務経歴書を厚くする努力をしていますか?

先ほどOncologyの話をしましたが、Studyの中でその領域のKOLの施設を担当していたということも立派なアピール材料になると思います。
そのため、私はCRAの時はKOL施設を自分から立候補して担当させてもらっていました。

どこの施設を担当しているかは結構重要で、そのCRAがチーム内でどのような位置にいるのかを見るバロメーターの一つだと私は思っております。

その領域のKOLや難易度が高い施設を持つことは転職市場でも評価に繋がりますので、積極的に担当してもらいたいと思います。

このように、職務経歴書に書けそうな材料があった場合には、自分から立候補し、仕事を取りに行くことが非常に重要です。

あと、 本業のStudyだけではなく、部署横断的なTask teamやSMEとして活動した経験もアピールポイントになると思います。

私はCROにいる時は、CRAはStudyのみに集中するべきであって、TaskやSMEは暇人が担当すれば良い、と正直思っておりました。

しかしながら、部署を良くしていこう、会社を良くしていこう、という活動は評価されると思いますし、面接時に面接官も質問したくなるネタの一つだと思います。

製薬メーカーに転職した現在は、私もTask teamに入り、本業以外で会社に貢献する努力をしております。
TaskはTaskで、やりだすと結構面白いですし、会社や部署に対する愛着も増してきますよね。

こーゆー感じで、職務経歴書を厚くする工夫をし、積極的に新たな仕事にトライしていってほしいと思います。

では!

リクルートエージェント

Follow me!

転職

Posted by はるきち