TOEICの点数は重要か?

2020年8月12日

広告

どうも、はるきちです。

みなさんも日頃英語の勉強をしていると思いますが、みなさんはTOEICの点数を重視していますか?

中には『私は会話重視だから、TOEICの点数は気にしない』という人もいれば、『転職のためにTOEICの点数を上げておきたい』という人もいると思います。

いろいろな意見があり、賛否両論ありますが、今日は私なりの意見を書いてみたいと思います。

広告

はるきちのTOEICの点数は?

ブログの中で偉そうに英語について力説しておりますが、上の画像が2019年3月に受験したTOEICのスコアです。

ずばり、700点です。

外資系製薬メーカーのStudy ManagerでTOEIC 700点てどうだと思いますか?

実際のところ、かなり低い点数だと思います。

おそらく、Study Managerの方は皆さんは900点ぐらい取っているのではないでしょうか?

では、私が仕事上の英語のテレカンやメール等で不自由しているか?というと、基本的に不自由しておりません。

最近はGlobalのテレカンも増え、平均すると1日1回ぐらいは英語の会議をしておりますが、意思疎通は基本的に問題無いですし、どちらかというと英語のテレカンに出るのは好きな方なので、『無料の英会話教室だー!』というテンションで会議に参加しています。

TOEICの点数と英語の実力の相関関係は?

TOEICの点数と英語の相関関係ですが、一般的に点数が高い人の方が英語ができる傾向にあると思います。

TOEICが400点の人と900点の人を比べた場合、普通は900点の人の方が英語ができますよね。

ただし、点数差がもう少し縮まると、必ずしも当てはまるものではなくなります。

Globalとのテレカンに出る際は、Study Managerの私とLead CRAが日本から参加しているのですが、私のチームのLead CRAはTOEICが850点くらいあります。

TOEICは私よりかなり良いのですが、英語が話せるかというと、ほぼ話せません。

ですので、TOEICの点数と英語の実力(特にSpeaking)は必ずしも相関するわけでは無いと思います。

TOEICの点数と英語のSpeaking力は何故相関しないのか?



では、なぜTOEICの点数と英語のSpeaking力が相関しないかというと、日頃から話す訓練をしているかどうかがポイントだと思います。

突然ですが、「635」って英語で何と言いますか?

「シックハンドレッド サーティーファイブ」が正解ですが、日頃から英語で数字を言う訓練をしていないと、咄嗟には出てこないですよね。

これはスポーツに似ていて、42.195km走ったこと無い人が、いきなりフルマラソンで完走するのはさすがに無理だと思います。

私はTOEICの点数はあまり高くないですが、DMM英会話で日頃から英語でコミュニケーションを取っておりますので、Globalとのテレカンでもあまり苦労はせず、点数が高い人よりも英語が話せるんだと思います。

要は、日頃の訓練次第ってことです。(机に座って勉強するというよりは、訓練という言った方が正しいと思います。)

とは言っても、TOEICの点数は重要

では、TOEICの点数が低くても構わないのか?というそうではなく、私はTOEICの点数を重視しています。

確かに、点数が高い人よりも低い人の方が英語が話せるという状況は発生しますが、私の場合は990点満点の試験で700点しか理解できていないのです。

特にReadingの点数は低いですよね。

今のところそこまで英語で苦労をしているわけでは無いのですが、700点分しか理解できていないということは、まだまだ英語を勉強しないといけないということだと思います。

あと、Study Managerの求人では、募集要項に『TOEIC 800点以上』と書いてある求人が多いので、1年以内に800点を取ることを目標にしています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今日はTOEICと英語の実力について書いてみましたが、TOEICの点数よりも実務で使いこなせているか?という点が一番大切です。

ですので、TOEICの点数が高くても、英語が話せない、メールが打てないようでは意味がありません。

ただし、TOEICは英語の実力を測る上では良い材料だと思いますので、TOEICの点数も高得点を取れるように頑張ってほしいと思います。

TOEICは問題量が多いですが、テストの内容は簡単ですので、TOEICで高得点を取れない人は何かしら弱点があるはずです。

その弱点を埋めるために、日々少しずつで良いので頑張っていきましょう!

英語ができないと、出世もできないですし、お先真っ暗ですよ!

では!

Follow me!

広告

英語

Posted by はるきち