コロナウイルス 仕事に対する影響を考える

広告

どうも、はるきちです。

コロナウイルスの感染拡大はまだまだ衰える様子は無く、先週は東京で1日の感染者が200人を突破しました。

ん~~、いつになったら前の生活に戻れるのやら、、、

最近Yahooニュースの記事を見ていると、収束するのにあと1年程要するといった内容の記事を目にする機会も増え、確かにそうかもしれませんね。
緊急事態宣言は2020/5/6までですが、GW明けに今までの生活に戻れるか?と言ったらNoだと思います。

ここ最近外出を自粛しているせいで外に出たいという思いが非常に強くなりましたが、これからもコロナウイルスと共存していかないといけない可能性が高いわけで、コロナウイルスによる変わった生活をどうポジティブに捉えられるかを見てみたいと思います。

早くこの生活を終わりにしたい人が多いと思いますが、この生活がまだまだ続くと仮定した場合に、皆さんはどのようにこの生活を乗り越えますか?

広告

テレワークによる削減できている移動時間を有効に使う

現在、ほとんどの開発関連職種の方はテレワークがメインになっていると思います。
そのため以前と比べると通勤時間を削減できいると思いますので、その時間は何か有効に使った方がいいですよね。

例えば、英語学習であったり、人によっては家族との時間だったりすると思います。
または、今まで見たかったドラマをNetflixで見ている人もいるかもしれません。

『せっかく』という表現が適切かはわかりませんが、コロナウイルスの感染拡大により享受した時間は有効活用した方がいいですよね。

私はここ最近仕事が忙しく、なかなかブログが更新できてなかったのですが、その代わり論文を読んでおりました。
今試験の立ち上げをしているのですが、施設選定時にCRAがしっかりとInvestigatorとdiscussionできるように、話のネタをいろいろ探していました。
疾患の勉強したり、ガイドライン読んだり、論文読んだりとこれはこれで時間がある時じゃないとできないので、私なりに充実していました。

また、CRAの皆さんはここ最近は施設訪問も基本的には無い状況ですよね。
先生との面会もWebがメインだと思いますし、SDVをRemoteで実施している会社もあると思います。

となると、いつもより時間があると思いますので、その時間は有効活用した方が良いですね。

仕事に活かせるものではなくても良いと思いますので、自分の仕事のリズムを良い方へ変えるきっかけにして欲しいと思います。

資産運用について考える



コロナウイルスによる影響として、株価の下落が挙げられます。

そのせいで今はかなり割安な株が多く、配当比率を見ると10%弱なんてゆー株がゴロゴロしていますよね。

私見ですが、コロナウイルスの株価への影響はこれから本番で、間違いなく二番底が来ると思います。

その業種がコロナウイルスによる影響を大きく受ける業種であれば買う必要はありませんが、コロナウイルスによる影響を受けない業種であれば、またと無いチャンスなります。

私は以前から投資として株をやっており、基本的にはキャピタルゲイン(値上がり益)狙いで株をやっておりました。
しかしながら、こうも配当比率が高くなると、インカムゲイン狙いで投資するもの悪くないと思います。
配当比率が10%弱で永遠に放置されることは考えずらいため、キャピタルゲインも狙えると思います。

そのため、変な話、株を始めるにはここ1年は非常に良い時期だと思います。
あとは、コロナウイルスによる影響をうける業種なのか、という点をご自身でしっかりと判断する必要があります。

最後に



今後コロナウイルスの感染拡大が収束した場合も、私はテレワーク中心で仕事をしようと思っております。

主な理由は上記ですが、毎日家族に会え、一緒に食事を取れるのも良い点だと思っております。

たまには会社の同僚の顔もみたくなりますので、週1~2ぐらいで出社できれば良いかなと思いますね。

ただ、テレワークをするのであれば自宅にモニターを設置した方が良いと思いますので、以下の記事をご参考までに!

それと、ここ最近コロナウイルス関連の治験も多くなってきましたね。

早くワクチンや治療薬ができることを望みますし、開発職としてコロナウイルス収束に貢献できたらやりがいを感じますね!

では!

Follow me!

広告