Clinical Operationの中で一番辛いPositionは?

2020年9月20日

どうも、はるきちです。

以前別の記事にも記載しましように、私は以前はCROにおり、約2年前に現在の製薬メーカーに転職しました。

2年前はCROでStudy Managerをしており、現職の製薬メーカーにはCRAで入社し、今は再びStudy Managerを担当しております。

振り返るといろいろ大変なことも多かったのですが、この短期間でRoleを変えることができて、運にも恵まれていたなと感じます。

CROではCRA→Senior CRA→Study Managerを担当し、CRO・製薬メーカーの双方で様々なRoleを担当してきましたので、今までに私が感じたことを書いて行きたいと思います。

まず、前提として、Clinical Operation全体として考えた場合に、製薬メーカー・CROには主に以下のRoleがありますので、今までに私が感じたことを書いてみたいと思います。

【製薬メーカー】
-Study Manager
-Lead CRA
-CRA

【CRO】
-Study Manager
-Lead CRA
-CRA

一番辛い(責任が重い)Positionは?

これは当然、製薬メーカーのStudy Managerですね。
他のRoleに比べて圧倒的に責任が重いと思います。

治験のTimeline、Quality、Costなど、その業務は多岐にわたります。
ただ、責任は重いですが非常に面白いですし、自分で試験のハンドルを握っている感覚があります。

製薬メーカーのStudy Managerになって治験の成り立ちなどを理解できましたし、CROにいるだけでは治験そのものを理解するのは不可能だと思います。
そのため、たくさんの人にこのRoleをやって欲しいと思います。

あと、Study Managerを担当していて良かったと思える点は、社内の他部署に知り合いが増えたことです。
Studyの責任者をしている関係上、業務上接する機会がある人が増え、他部署との関りもかなり増えました。

CROにいた頃は、開発(特にモニタリングを担当している人)しか知り合いがいなかったのですが、様々な部署との繋がりができ、製薬会社の中で開発(特にモニタリング)は本当に一部に過ぎないんだと実感しています。

一番(精神的に辛い)Positionは?



これは人によるかもしれませんが、私見ではCROのStudy Managerだと思います。

CROのStudy Managerは、立ち振る舞いを間違えると悲惨なことになります。

治験依頼者からクレームを言われ、そのクレームに過敏に反応した上長にも怒られ、依頼者からの無茶難題をCRAに指示したら、CRAからもクレームが来る始末です。

私も以前はCROのStudy Managerを担当しておりましたが、正直今の方が楽ですね。
仕事の責任は重くなりましたが、精神的には非常に楽になりました。

CROのStudy Managerの辛いところは、仕事ではしっかり結果を残していても、製薬メーカーのStudy Managerとの相性が合わなかった場合、仕事にもかなり支障を来してしまうことです。

製薬メーカーからアレコレうるさく言われることも私の性に合っておりませんでしたので、今はかなり恵まれた環境で働けていると実感できます。

一番(体力的に)辛いPositionは?

これは圧倒的にCROのCRAでしょう。

私はCRO時代にハイブリッド型(製薬メーカーとCROの両方にCRAがいる)の試験を担当したことがありますが、製薬メーカーのCRAは近場で症例があまり入らないKOL施設、CROのCRAは遠方で不便な症例が多い施設を担当することが多かったです。

仕事を受託している分、依頼者が決めた担当施設は受け入れるしかありませんでしたが、CROのCRAはSDVでも大量の症例を捌かなければいけないため、体力的に非常に大変だと思います。

最後に



何が一番辛いか?は人それぞれですが、今までの経験からは上記のことが言えます。

私自身CROから製薬メーカーに転職したため、CROのことを悪く言うつもりはありませんし、CROにも仕事ができる人、優秀な方がたくさんいることは理解しております。
ただ、日本は肩書社会ですので、製薬メーカーにいる方が後々いろいろ有利なことが多いと思います。

30代後半になるとCROから製薬メーカーへの転職は難しくなると思いますが、製薬メーカーからCROであれば50代でも可能です。

また、製薬メーカーとCROでは同じRoleでも業務内容に違いがあり、製薬メーカーで経験できない業務でCROで経験できる業務というものはほぼ存在しません。

CROから製薬メーカーに行きたいCRAは多いと思いますので、行きたい人はまずチャレンジしましょう!

落ちても失う物はありませんので、まずは応募することから始めてみましょう!

では!

リクルートエージェント

Follow me!