新卒で入社すべきは製薬メーカーかCROか?

2020年9月20日

CROへのアウトソースが定常化し、製薬会社も毎年CRAを採用しなくなりましたね。
その結果、大手製薬メーカーに新卒でCRAとして入社する際の倍率が数千倍とかになっているようです。

恐ろしい、、、


私の会社も新卒採用を定期的に行っておりますが、皆さん立派な大学を出てますね。
他の大手製薬メーカーの新卒にも数名知り合いがいますが、新卒で大手製薬メーカーの臨床開発を狙うのであれば、旧帝大の理系院卒あると望ましいと思いますし、最低でも東京理科大学 薬学部以上というのが私の基準です。

勿論、 東京理科大学 薬学部より難しい大学を出ていても落ちる人もいますし、 それより偏差値が低い大学を出ていても内定を取ることができる学生もいます。

東京理科大学 薬学部の偏差値はかなり高いと思いますが、それでも安泰ではないことを考えると、入社難易度はかなり高いことがおわかり頂けると思います。

倍率も非常に高いことより、製薬メーカーに行きたくても行けない人がたくさんいることが容易に想像できますが、新卒では製薬メーカー・CROどちらを選べばいいのか、私になりの意見を書いていこうと思います。

まず目指すべきは大手製薬メーカー

新卒でまず目指すべきは大手製薬メーカーだと思います。特に新卒では大手内資に入社できればベストだと思います。

なぜ大手外資ではないか?と言われると、大手内資は教育がしっかりしているので、そこは非常にポイントが高いですよね。
外資系はすべての会社で教育に力を入れていないとは言い切れませんが、全体的な傾向としては外資は教育する風土が内資に比べると低いと思います。
ちなみに、私は大手外資系製薬メーカーに所属していますが、残念ながら教育がしっかりしているとは言い難い状況ですね。

ただ、そうは言っても、製薬メーカーに入社できるチャンスはそうそうありませんので、外資系も受けた方が良いのは間違いないですね。

ですので、私個人の意見としては、

大手内資系メーカー > 大手外資系メーカー

となります。

大手製薬メーカーに合格できなかった場合、どうしたらいいのか?

大手製薬メーカーを第1志望にした方が良いということに対して異論がある人は少ないと思いますが、これ以降はそれぞれの考え方次第になるのかなと思います。

大手メーカーに内定がもらえなかった場合は、中堅製薬メーカーが良いという人もいれば、大手CROに言った方が良いという意見もあると思います。

これはそれぞれの価値観によるものなので正解は無いのですが、私ならその後は中堅製薬メーカーを受け、それでも内定が取れない場合は外資系CROに行くと思います。

ちなみに、ここで言う中堅製薬メーカーとは売り上げ規模 3,000億円前後会社を想定しており、例えば協和発酵キリンが該当するかと思います。
それよりも売り上げ規模が小さい製薬メーカーに行くのであれば、外資系CROの方が良いと思います。

売り上げ規模 3,000億円前後を基準にした理由としては、これくらいの規模の会社であれば開発品も割とあり、枯渇しているという会社が少ないように思えます。

売り上げがこれより少なくなってくると、開発品目も枯渇していたり、開発品があったとしても少数という状況があり得ますので、それぞれの会社のパイプラインをしっかりとチェックした方が良いと思います。

CROが製薬会社に勝っている点は何か?

CROに在籍していた時のことを振り返ると、大手製薬メーカーに勝てる部分はあまり無いかもしれません。

ただ、大手外資系CROはGlobal Studyも盛んで、国内中堅製薬メーカーより良い経験ができる可能性があります。
ただ、一概に外資系CROの方が勝っているかというとそうでもなく、国内中堅製薬メーカーならメーカーのCRAとして働けるため、それはそれで利点があると思います。

あと、CROが中堅以下の製薬メーカーに勝っている点は仕事の安定性だと思います。
中には開発品目が枯渇しているメーカーもあると思いますので、そのような製薬メーカーに入社するよりは外資系CROに入社した方が仕事が潤沢にあり、かつOncologyなど今後に活かせる経験が積める可能性があります。

入社から数年先を見据えて判断すべき

新卒にとって就職は一大イベントですよね。
私は新卒で薬局に就職しましたが、 私にとっても一大イベントでした。

しかしながら、新卒で入った会社が全てではないですし、入った後の方が重要です。
新卒で製薬メーカーに入社することは非常に困難であることより、製薬メーカーに行きたかったけどCROからしか内定がもらえなかった、製薬メーカーから内定は取れたが意中の製薬メーカーではなかった、又は意中の製薬メーカーがその年新卒の採用を行っていなかったなど、新卒での就職活動で思い通りの結果が得られなかった人も多いと思います。

そのような方はまずは入社した会社で経験を積み、その後中途採用で意中の会社に移ればいいと思います。
今のご時世転職は珍しいことではないですし、ステップアップのための転職に対して好感触な風潮に日本もなってきていると思います。

また、幸運にも意中の会社に入社にできたとしても、この先合併、リストラ、開発品枯渇etcが待ち受けている可能性がありますので いつでも転職できるよう準備しておく必要があります。

私も製薬メーカーへの転職活動を長年やっていたため、就職活動で思い通りの結果を出すことの難しさは身に染みております。
いい結果が出なかったとしてもその後がありますので、諦めずに前を向いて仕事に取り組みましょう!

では!

リクルートエージェント

Follow me!