社内公募が活発な会社とそうでない会社の違いは?

どうも、はるきちです。

今日は社内公募について、日頃感じているところを書いてみたいと思います。

各製薬メーカーやCROには、多少なりとも社内公募のシステム自体は存在していると思います。

実際に機能している会社もあれば、そうで無い会社もあると思いますし、会社によっては社内公募のシステムは存在しているが、使いづらい雰囲気がある会社もあるのではないでしょうか?

私はCROから製薬メーカーに転職する際に、社内公募のことまで気がまわらず、しっかり調べないまま現職の製薬メーカーに入ってしまいました。

現職の製薬メーカーは運よく社内公募が比較的活発な会社でしたので、その点は恵まれていたと思いますが、本来であればその点はしっかりと確認して入社すべきだったと反省しております。

社内公募が機能している会社とそうでない会社では描くキャリアパスが全然違いますので、今日はその点を考察してみたいと思います。

転職する際は、社内公募が活発な会社に転職するべし

現職の製薬メーカーに入って感じる点は、絶対に社内公募が活発な会社に入社した方が良いという点です。

現在の転職市場において、新卒以外はどのRoleも基本的には経験者採用がメインで、未経験の職種に応募すること自体かなり難しい状況になっています。

稀に、未経験でもOKの場合もあり、例えばStudy Managerの経験があればClinical Scienceに応募可能だったりする場合もありますが、その場合でも勿論経験者が優遇されますので、経験があるに越したことはありません。

ですので、社内公募という手段は、未経験の職種にチャレンジする唯一のチャンスだと言えます。

社内公募がある会社と無い会社ではそのキャリアの選択肢に雲泥の差がありますので、入社時にどの程度活発に行われているかはしっかり確認しましょう。

面接時に確認するのも良いですが、面接官が本音を言わないケースもありますので、できれば知り合いなどに事前に確認できればベストです。

社内公募が活発な大手製薬メーカーは、圧倒的にヤンセンファーマ



私の中で、キングオフ社内公募と言えばヤンセンファーマです。

ヤンセンファーマの社内公募の特長は、親会社のJ&Jを含むグループ会社にも異動することができる点です。

グループ会社も社内公募も対象としている会社はあまり無いと思いますし、そのため、社内公募の求人数もかなり多いみたいです。

メールで社員全員に社内公募でOpenになっているポジションが定期的に連絡があるようですが、求人が多すぎてメールが最後まで読めないくらいあるようです。

そのような社風も手伝って、社内異動で他部署に異動する人も多く、ガラッとキャリアを変えてしまう人が多いようです。

社内公募が活発でない大手製薬メーカーは、アストラゼネカ



CRA目線で考えた場合に、社内公募が活発ではない大手製薬メーカーの筆頭はアストラゼネカだと思います。

アストラゼネカと言えば、今から4年前くらいになりますが、社内のCRAを大幅に増員していた時期があり、CROからも結構な数のCRAを採用していました。

アストラゼネカはオンコロジーのパイプラインも豊富ですし、私も一目散に応募し、Line Manager 2名と面接をしたことを覚えています。

その時は残念ながら不採用で、当時在籍していたCROからアストラゼネカに転職して行く人が数名いましたので、『俺の方が仕事ができるのに、何故だ!?』と羨望の眼差しで彼らを見ていました。

先日、日頃連絡を取っている転職エージェントと電話で話している際にアストラゼネカの話になりましたが、当時アストラゼネカに入社した人のほとんどはいまだにCRAをやっている人が多く、それが不満になり、転職エージェントに再登録してくるアストラゼネカのCRAがちょこちょこいるようです。

アストラゼネカの場合はCRAで入社するとStudy Managerになったり、Clinical Scienceに異動することが非常に難しく、そのようなRoleは基本的に中途採用で賄っているようです。

そのため、CRAで入った人はずっとCRAという構図が出来上がってしまうわけです。

私は幸運にも不採用になりましたが、自分がその立場だと思うとぞっとしますよね。

ですので、入社する際はその会社のカラーをしっかりと確認して入社する必要があります。

バイオベンチャーには社内公募が無いものと思っていた方が良い

社内公募が活発な会社に入社することをお勧め致しますが、バイオベンチャーには基本的に社内公募というシステムはないものと思っていた方が良いと思います。

バイオベンチャー全般に言えることとして、必要最小限の人数で仕事を回しており、人を育てるという概念自体ありません。

そのため、欠員が出てもそのRoleの経験者を採用するケースが多く、未経験から育てるという考えがないのが現状です。

CRA経験を活かせるRoleは実は結構ある

CRAを始めとするClinical Operationの経験を活かせるRoleは実は結構あります。

それは社内公募にも言えますし、若手に限定して言えば、転職市場においてもCRA経験があれば未経験で応募できる場合も結構あります。

今CRAをやっている人もずっとClinical Operationにいる前提ではなく、いろいろなRoleを経験し、将来何をやりたいのかを若いうちから考えておいた方が良いと思います。

私はStudy Managerとして他部署と関わることも多いですが、Clinical Scienceや薬事の仕事がバリバリできるようになると面白いと思いますね。

将来のキャリアパスは月日が経てば考えにも変化が出たり、その時々で多少変化していくものだと思います。

なかなかすぐには決めることができないという人もいると思いますので、日頃から将来のキャリパスを意識して仕事に取り組むことが重要ですね。

では!

転職サイトはdoda

リクルートエージェント

Follow me!