最近のCRAは甘えてないかい?

広告

どうも、はるきちです。

ここ最近、どの業種でも『ハラスメント』について非常に厳しくなってきています。

それと時期を同じくして、世の中は何かを履き違えてしまい、『上司・先輩は部下・後輩を叱ってはいけない。厳しく接してはいけない。』と拡大解釈をしてしまったわけです。

私が勤務している製薬会社も例外ではなく、『CRAには優しくしないといけない』空気があります。

私は厳しく育てられましたので、この空気はいったい何だよ?といつも思っていますが、今日は日頃 仕事中に感じていることを書いていきたいと思います。

広告

いつからか、CRAはLine ManagerやStudy Managerより強くなってしまった



『CRAには優しくしないといけない』空気があると書きましたが、これはどの業種・会社にも言えることではないでしょうか?

私はStudy Managerという職種上、CRAと接する機会は非常に多いです。

CRAの上長はLine Managerであり、私はStudyを運営する際の指揮命令者ですので、組織上はCRAの上長ではありません。

上長ではないものの、彼らの上長のLine Managerと同じぐらいのGradeですので、CRAから見ると上長と同じような存在に映っているかもしれません。

そんなStudy Managerですが、CRAの扱いに頭を悩ませている人は非常に多いと思います。

私は、『CRAには優しくしないといけない』空気を感じつつも、基本的に自分のやりたいようにしています。

CRAが頑張った時には褒めますし、うまく行かないときには相談に乗り、時には厳しく接します。

これは、私にとっては普通なんですが、最後の『時には厳しく接します』が今のご時世ダメなんですよね。

私の会社ではStudy ManagerとCRAで定期的にMtg.を実施し、Studyの進捗を共有しているのですが、先日のMtg.で動きが悪いCRAに対して、私が厳しい内容の発言をしました。

その後、CRAからLine Managerにエスカレーションされ、Line Managerから私の上長に連絡が行ってしまいました。

これは私に限った話ではなく、他のStudyでも同様の話を耳にすることがありますし、実際に上長のLine ManagerもCRAの顔色を見ながら仕事をしています。

いつからか、残念ながら、CRAはLine ManagerやStudy Managerより強くなってしまったのです。

最近のCRAは甘えている

別に悪いことをしたわけでは無いですし、事情を説明し私の上長には理解してもらいましたが、やっぱり気分よくないですよね。

勿論ハラスメントは許されるものではありませんが、私がやったのは、仕事をしていないという事実に対して『常識の範囲内で厳しく指導した』というものです。

これのどこがダメなのか?というのが本音ですが、最近はこういう世の中なんですよね。

最近は甘えたCRAが増えたと思いますし、どうにかならないのか?と思います。

このような空気があるお陰で、最近のCRAは以前より厳しい指導を受けていない傾向が強いと感じてます。

その結果、CRAのレベルも下がっており、施設とのトラブルも増加しているような気がしております。

この機会をSelf Managementの機会とする。



お伝えした通り、私の基本的な考え方は、CRAが頑張った時には褒めますし、うまく行かないときには相談に乗り、時には厳しく接することですが、この先これではうまく行かない可能性もあるのかなと思っております。

自分自身の根本的な考え方はそうそう変わりませんが、今後同じような場面に遭遇した場合は厳しく接することを止め、Self Managementの機会として捉えていこうと思います。

自立したCRAも勿論いる

あと、最後にですが、こんなご時世ですが、勿論自立したCRAもいます。

自立しているCRAに共通して言えることは、考え方の土台がしっかりしており、考えがぶれないですよね。

そういう人は仕事の飲み込みも早いですし、どんどんRoleを上げていける人が多い印象です。


このブログをご覧になっている中にCRAの方がいらっしゃいましたら、自立したCRAになれるよう日々仕事に取り組んでみてください。

では!

Follow me!

広告