CRAの転職:CovanceとSyneosは年収が凄い!?

2021年1月28日

どうも、はるきちです。

以前より外資系大手CROのCovance(コーヴァンス)とSyneos(サイネオス)の年収が高いことは知られており、数年前に大量にCRAを採用しておりました。

その後、やや仕事の受託が落ち着いたこともあり、CRAの採用もやや落ち着きを取り戻したとの話を聞いていたのですが、真偽の程は定かではありませんが、ここ最近採用状況が再び活況になってきたとの噂を耳にしました。

この2社は製薬メーカー・CROの中で、CRA職ではおそらく一番年収高いと思いますので、今日はこの2社について見ていきたいと思います。

私のまわりにも CovanceやSyneosに転職していった人がいますが、製薬メーカーには行けずに諦めてしまったが、手っ取り早く年収を上げるために転職したという人ばかりです。

この2社はCRAの年収が非常に高いため、手っ取り早く年収1,000万円稼ぎたい人にお勧めです。

Covance

https://ja.covance.com/

まずCovanceから見ていこうと思います。

Covanceはアメリカが本社の大手Global CROで、日本の本社は東京都中央区晴海の晴海トリトンスクエア オフィスタワーYに構えています。

なかなかお洒落なビルですね!



CovanceのサービスはCentral lab及びMonitoringの2種類がメインとなっております。
正確な数字はわかりませんが、私の感覚ではCentral labでCovanceを使っている製薬メーカーは多く、おそらくCentral labに関しては業界最大手だと思われます。

CROは各社それぞれサービスの強みに違いがあるため、売上ランキングを作ること自体にあまり意味がありませんが、Covanceの売上はGlobal全体でも5位以内には入っております。

CovanceのMonitoringの受託の特長としては、ハイブリッド型の治験は受けず、基本的にはGlobal全体でCROに丸投げする試験ばかりを受託しており、全てGlobal studyのようです。

CROへの丸投げ試験とハイブリッド型試験の一般的な違いを以下に記載致しました。
CROへの丸投げ試験は、Global展開しているCROでないと経験できないビジネスモデルとなっておりますし、CROの担当者は是非丸投げ試験を経験して欲しいと思います。

間違いなく経験値を上げることができると思います!

また、CRAの担当試験は基本的に1試験で、施設数は4~5施設という話を聞いたことがあります。

ワークライフバランスとしても適度な業務量ですね!

Syneos

https://jp.syneoshealth.com/

次はSyneosについて見ていこうと思います。
SynoesはGlobalでは「シネオス」と発音しておりますが、日本では「サイネオス」と発音するようです。
Globalと日本の読み方の違いですが、「シネ」という発音が「死ね」を連想させるため、日本では「サイネオス」となったようです。

Syneosもアメリカが本社の大手Global CROで、日本の本社は東京都港区港南一丁目2番70号 品川シーズンテラス27階 に構えています。

品川シーズンテラスは品川駅の港南口にある高層ビルで、非常にお洒落なビルですね!




2017年にInventiveとINCが合併し、現在のSyneosが誕生しました。
ここ最近Syneosの悪い話は聞かなくなりましたが、以前はInventiveの社内がかなりゴタゴタしていたようです。

SyneosのMonitoringについては、CROへの丸投げ試験とハイブリッド型の両方の試験を受託しているようです。

あと、SyneosはMonitoring事業以外に、CSO事業を行っております。
ここ最近、MR不要論が以前とは比べ物にならないくらい叫ばれており、CSOの業界最大手のIQVIA(旧クインタイルズ)もCSO事業でうまくいっていないようです。
そのため、CSO事業は今後も停滞すると個人的には予想しております。

年収レンジはどの程度か?

CovanceとSyneosともかなりの高年収で、手っ取り早く1,000万稼ぎたい方にはとてもお勧めの会社ですし、CRA経験者であればよほどの事が無い限り落とされることは無いと思います。

以前転職エージェントから聞いた感じだと、Covanceの年収は以下のようになっております。

【Senior CRA(CRA経験5年以上が目安)】
最低固定年収 約840万+残業代
※Covanceは年俸制のため、上記の年収の場合は月収が70万/月となります。
就業時間は150時間/月であるため、毎月20時間残業した場合は残業代が約140万/年となり、年収が980万円となります。

CRA経験が5年程度で年収980万円貰える会社はそうそうないと思いますので、年収をガツンと上げたい人にはお勧めです。

ちなみに、CovanceのCTL(Clinical Team Lead)は最低年収が950万ほどであり、Line Managerだと最低年収1,200万ほどのようです。
(Line Managerなんて大した業務やっていないので、あの業務で1,200万円も貰えたら最高ですね!Line Managerみなさん、ついつい本心が出てしまいました。すみませんm_ _m)

英語は必須スキル!

外資系ですので、当然ながら英語は必須のスキルです。

Study ManagerですとGlobalとのコミュニケーションは日々発生しますし、テレカンで日本の状況や進捗を説明するResponsibilityもあります。

製薬メーカーのみに限らず、CROの中であっても自分の立場を上げていくためには、英語は避けて通れません。

英語から逃げている人もいると思いますが、腹を据えて積極的に取り組んだ方が精神的に楽だと思いますので、1日も早く英語の学習をスタートさせましょう!

最後に

複数の転職エージェントから聞いたのですが、ここ最近CROのCRAが転職lする際に、製薬メーカーのCRA職とCovanceやSyneosを併願するケースが増えているようです。

その結果、両方から内定を取るCRAもいるようですが、提示された年収を見てCovanceやSyneosを選択する人もいるようです。

その人の人生ですので、本人が良ければ私が口を挟む必要はありませんが、大手製薬メーカーから内定を取れたのであれば製薬メーカーに言った方が良いと思います。

目先の年収は CovanceやSyneosの方が上であってもその後市場価値に違いが出ますし、その後CROへの天下りなどを考慮すると、絶対に製薬メーカーに言った方が良いと私は思います。

では!

リクルートエージェント

Follow me!

CRO

Posted by はるきち