CRAにとって、どこに住むのが一番便利??

どうも、はるきちです。

ここ最近は先生方との面会の際はリモート面会が多くなりましたので、以前より外勤が減っていると思いますが、CRAの仕事は元々外勤が多い仕事でした。

私がCRAをやっている時は、週2回ほど外勤して、月に数回宿泊を伴う外勤をしておりました。

外勤が多いCRAですので、賃貸なり分譲なり自宅を構える際に、皆さん結構外勤の利便性も考えいると思います。

私もCRAの頃は外勤の利便性をいろいろ考えており、どこに住むのが一番良いのかいろいろ考えたのですが、結論しては『蒲田』はCRAにとって一番便利な場所だと私は思っております。

残念ながらご縁がなく、私は蒲田に住むことが叶わなかったのですが、何故蒲田が良いのか書いてみたいと思います。

蒲田ってどこ?

そもそも蒲田を皆さんご存知でしょうか?

蒲田駅は東京都大田区にあり、大田区は東京23区では最南端に位置しております。

ちょうど神奈川県との県境に位置し、多摩川に隣接しております。

大田区は非常に広いのですが、西の方に高級住宅街で知られる田園調布があったり、東の方に羽田空港もあり、蒲田は大田区の真ん中ほどに位置しております。

飛行機・新幹線へのアクセスが非常に良い

蒲田の一番良いところは、何と言ってもアクセスの利便性非常に高いです。

蒲田にはJR蒲田駅と京急蒲田駅があり、ご覧のような位置関係にあります。

Yahooの地図で見たところ、両駅間の距離は500mぐらいでしょうか。

皆さんご存知の通り、CRAは新幹線・飛行機に頻繁に乗車しますが、蒲田駅は東京駅・品川駅、羽田空港までのアクセスが抜群に良いです。

いずれの場所にも乗り換えなしで行くことができますので、外勤には非常に便利な場所だと思います。

私は今まで比較的遠方に住んでおり、羽田空港や東京駅まで1時間ほどかけて行っておりました。

自分が年を取って感じるのですが、時間は本当に大切した方が良いです。

移動時間でたくさんの時間をロスするのは本当に勿体ないですので、時間を有効活用できる場所にを選んだ方が良いですね。

オフィス街へのアクセスも抜群

蒲田はオフィス街へアクセスも抜群に良いです。

製薬メーカーやCROのオフィスは、東京・日本橋エリア、品川エリア、新宿エリアに多くの会社のオフィスがありますが、以下の所要時間で通勤することが可能です。

東京では、オフィスまで片道1時間前後かけて通う人が多いですので、蒲田からであれば非常に短時間で通勤することができます。

家賃もほどほど

気になる家賃ですが、そこまで高くはないようです。

不動産情報サイトの『アットホーム』によると、蒲田の家賃相場は10.25万円/月です。

東京23区ですので地方と比べると勿論高いですが、この利便性を考えるとかなりReasonableだと言えます。

蒲田と言えば以前は結構治安も悪かったようですが、蒲田に住んでいる知り合いに聞いたところ今はそこまで悪くないようで、住むには特に不自由が無いみたいです。

まとめ

今日は蒲田について見てきましたが、時間は本当に有効活用した方が良いです。

家賃を安くするために遠方に住むことにより、通勤時間が長くなる→休む時間や自分の時間が少ない→自己研鑽の時間が少ない→家と会社の往復のみという事態にもなり得ると思います。

ここ最近はテレワークがメインですので、どこに住んでいてもあまり関係が無くなりましたが、引っ越しの予定がある人は参考にしてみてください。

では!

Follow me!