ついに100記事到達です!

どうも、はるきちです。

2019/12/17に初めて記事を投稿して以降、コツコツ記事を書いてきましたが、この記事で祝100記事となります。

この間試験を立ち上げたり、仕事でトラブったり、転職活動して面接に落ちたり、いろいろなことありました。

私の記事を読んで質問や相談をくれる方もいらっしゃいましたので、少しでも皆さんのお役に立てればと思って、記事を書いてきました。

CROから製薬メーカーにどんどん転職して欲しい

もともと、私がブログを書きだしたきっかけは、製薬メーカーやCROで臨床開発に携わる中で、皆さんに有意義なキャリアを形成をして欲しいと思ったからです。

その中でも、特にCROから製薬メーカーにどんどん転職をして欲しいと思い、ブログを書き始めたことがきっかけです。

CROにいる人のほとんどは、おそらくメーカーに行きたい人がほとんどだと思います。

製薬メーカーのCRAの求人では、CRA経験3年以上が基本的に必須となっておりますので、まず3年程度やってみて、一旦受けてみる、ただ中々狭き門であるため、2,3社受けて諦めてしまうという人がほとんどだと思います。

ずっと結果が出ないのにチャレンジし続けるのはメンタル的にも辛いものがありますので、2,3社受けてダメだったら諦めてしまう人が多いというのは凄く理解できます。

ただ、その一方で、そこで諦めたら、それで終わりですよね!?と思ってます。

CROから製薬メーカーに転職する際に私もかなりの数応募しましたので、転職エージェントからも『もう受けるとこありませんよ、、、』と半ば呆れながら言われたこともあります。

ただ、正直なところ、人からどう見られているかなんて関係ないんですよ。

何としてでも製薬メーカーに行くんだという熱いパッションを持って、諦めないことが大事です。

あと、ここ最近はCRAを社内に戻そうとしている製薬メーカーがたくさんありますので、定期的にCRAの求人が出ています。

CROから製薬メーカーに転職しているCRAは一定数いる

私の会社にはCRO出身のCRAが一定数いますし、前職のCROから外資系・内資系を問わず製薬メーカーに転職していくCRAがボチボチおりましたので、今までいろいろな会社に転職していく様を見てきました。

ですので、CROから製薬メーカーに転職することは、ハードルは高いものの、実現可能です。

製薬メーカーに転職するためには、日頃から情報収集に努めて、自分自身の経験で何が足りないかを日頃から考えておく必要があります。

その手段の一つとして、定期的に職経歴書をUpdateすることが重要であり、それにより自分のキャリアの棚卸しができると思います。

製薬メーカーにいると、自分の看板が変わったことを実感できる



CROにいる時に製薬メーカーに応募した際に、幾度となく不採用になり、書類選考を通過できないことも多々あったわけですが、その時のお祈りメールで一番多かった理由が『製薬メーカー出身者を優先しました』という理由でした。

自分が製薬メーカーに入って思うこととしては、製薬メーカーでもCROでもCRAの仕事については大した差がないと思っておりますが、どこに所属しているのか?という看板は結構重要なんですよね。

CROのCRAにも優秀な人は勿論いますが、その看板の差は結構大きいです。

私は去年あたりから他メーカーのStudy Managerの面接を何回か受けているのですが、書類選考で落ちることはなくなりました。

CROでICCCなどを担当していて、私より優秀なCROのStudy Managerも大勢いると思いますが、ではその人たちが私と同じ会社に応募して書類選考を通過できるかというと、やや難しいと思います。

それと、キャリア終盤に製薬メーカーからCROに天下りすることも可能ですので、今後のキャリアを有利に進めるためにも、製薬メーカーに行きたい人は遠慮なくトライすべきです。

まとめ

ここでは、製薬メーカーに転職したい人向けに書いてみましたが、現職のCROに愛着を持ち、その会社でしっかりとキャリアを積んでいきたい人はそれで良いと思います。

製薬メーカーに行くことだけがキャリアではありませんし、CROでもしっかりとしたキャリアは積めると思います。

ただ、CROだとどうしてもClinical Operationの経験しか積めず、医薬品開発の全体像は見えませんので、できれば製薬メーカーへ転職した方良いというのが私の考えです。

50歳代であっても、製薬メーカーからCROに行くことは可能ですし、CROに戻りたくなればいつでも戻ることができます。

30歳代中盤くらいまでであれば製薬メーカーへの転職のチャンスがありますので、失敗を恐れず、前向きに頑張りましょう!

うまく行かない時もあると思いますが、成功するまで続ければ良いのです。

では!

転職サイトはdoda

リクルートエージェント

Follow me!